Lilypie Fifth Birthday tickers

アメリカで第一子を子育て中。ヒューストン在住   ブログ内の内容・画像の無断転載・転用は禁止です。
by tinainus
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Click for Houston, Texas Forecast

Tinaへのメールはこちら

にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ

Diapers.com $10 OFF
your FIRST order
Referral Code:CNTR4934

Soap.com 20% OFF
初めてのオーダーに。
Referral Code:CNTR4934

Vitacost.com $10 OFF
このリンクから飛ぶと初めてのオーダー$10 OFF。

iHerb.com
$10 OFF(>$40) $5 OFF(<$40)
Aubrey, Kiss my Face etc..
初めてのオーダーに。
Referral Code: POL620

■LINK■
Nanakusa 日々思うこと~トロントより~

ユミのダンナとネコたちとシアトル生活。

路地裏キッチン with Baby

The Road to Germany

m's deli

Sometimes Hawaii
検索
カテゴリ
全体
はじめに
妊娠中に使った品々
ベビー・子供用品
マミー用品
医療費のお話
4W
5W
6W
7W+つわり
8W+つわり
9W+つわり
10W+つわり
11W
12W
13W
14W
15W
16W-19W
20W-23W
24W-27W
28W-31W
32W-35W
36W-Birth
出産
離乳食
ファッション
美容-Hair
美容-Face
美容-Body
美容-Makeup
美容-Nails
Baking・Cooking
おでかけ
里帰り
Music Videos
Life
House
くすり箱
育児(0m-3m)
育児(3m-6m)
育児(6m-9m)
育児(9m-12m)
育児(12m-15m)
育児(15m-18m)
育児(18m-21m)
育児(21m-24m)
育児(2歳)
育児(3歳)
育児(4歳)
以前の記事
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
more...
フォロー中のブログ
お茶の時間にしましょうか...
サンディエゴさんさん
Spice of Lif...
おうちグルメ
心地いい毎日@Seattle
*LIving In S...
リリー通信 from アラスカ
NY/Brooklynの空の下
そらいろ
よく来たね -同じ地球の上で-
Everyday Hap...
ぐれちゃんとQちゃんのお...
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
画像一覧

カテゴリ:出産( 3 )
↓1日1クリック、ランキング応援してもらえると嬉しいです♪


 
出産の事を想い出す
↓1日1クリック、ランキング応援してもらえると嬉しいです♪


出産準備クラスに夫と通っていたあの頃は期待と不安でいっぱいだった。
同じくらいの時期に出産予定の妊婦さんが3人他にいて、みんな私よりも後の予定日なのに私よりもお腹が大きかったの。夫に指摘されて一瞬悩んだけど「日本人だから」という理由で納得。クラスで色んなこと学んだけど一番重視していた「ラマーズ法」は今考えたら・・・私に効果があったのかなかったのかわからない(笑)。クラスを取って楽しかったけど私よりも夫が頭でっかちになってしまったというマイナス点もあったなぁ。陣痛中にマニュアル通りに色々注文つけてきた時は部屋から閉め出しそうになったね(笑)。初めて出産時の子宮口の広さのポスターを見た時は「無理です。」と思ったけど・・・出産、終わってみれば産む部分って一瞬だけだった。無理と思っていた事や練習してきたことはほとんど考えることもなく(笑)終わった。

頭が出て、いきむのを少し止めて肩が出て・・っていうのが普通なんだろうけどJは出るまで時間がかかったものの頭が出たらスポーン!って全部出てきたんだった。あの瞬間は忘れられない。出産のあの感覚を経験できて良かったと思う。そしてできればまた産みたい・・・長くなくて、促進剤なしならまた自然分娩で。

Jをまじまじと見ながら、(この子、お腹の中にいたんだよね。私の体の一部なんだなぁ。)と不思議に思う。そして強い繋がりを感じるのだった。今までにないこの感覚。子供を生む選択をし、妊娠もでき、無事に出産を終える事ができたことに感謝だ。

Jの存在が私の日常に色をつけてくれる。

こういうことを忘れずに子育てをがんばっていきたい。
[PR]
 
by tinainus | 2009-03-10 14:38 | 出産
【私の出産 2】
↓1日1クリック、ランキング応援してもらえると嬉しいです♪


出産を終えてしばらくすると、目を開けていられないくらいの睡魔に襲われた。
足も手のひらも自分の物ではないかのようにぐったりと疲れて痛い。

出産時に出血が多かったため、点滴をした。
ベビはあまりなかない。彼も疲れたのだろう・・。目を開けてきょとんとしている。
ナースが私の血圧や体温をチェックして出て行くと同時に眠ってしまった。

そのうち、ピー!ピー!っという音が鳴る。
点滴が切れた音だ。しばらくしてもナースが来ないので自分で呼ばなければならないのだけど、ナースブザーが近くにない。夫は起きない。ガチガチになった体を起こして探すとベッドの後ろに引っかかっているようだ。遠い。起きてブザーを押したらすぐにナースが来て点滴を変えてくれた。

それからどれくらいか経ってベビーが小さく泣いた声で目が覚める。
すぐに起きて行ってあげたいけど、体がミシミシと痛くて起き上がれない。
夫を呼ぶ・・・    起きない。3回くらい呼んだけど起きないのだ。仕方ない時間をかけて起き上がる。あ~、あちこち痛いよぉ(笑)。点滴の管に気をつけながらオムツを替える。トイレにも行きたくなる。点滴がついている為にまたナースを呼ぶ。ナースに手伝ってもらって用を済ませた後もまだ夫は寝ていた。(次の日夫はナースにこの事を注意されていた。)今思えば、この夜だけだろうかベビがあまり泣かなかったのは。

次の朝、体が鉛のようになっていた!
頭ががんがんとして目がまわる。出産時にできた深い傷よりも何よりも頭痛がつらかった。しばらく我慢していたけど、痛くて授乳もままならないので薬をもらう。
ドクターが来て内診。私もベビーも自分たちが希望すればその日に退院できると言うが、割礼を済ませたベビーがまだ一度もおしっこをしていなかったことや私の貧血状態がひどかったことからもう一泊する事になった。良かった、この日に退院しなくて

その日の夜にはお祝いコースディナーが出た。シャンパングラスとアップルサイダーまで(笑)。"おめでとう!〇〇病院"と刻印されたペアのシャンパングラスは病院からのプレゼント。病院からはこれ以外にも色々とプレゼントをもらった。

入院中は看護士さんたちに赤ちゃんのケアについて教えてもらい、短期間で色々学んだ。次の日に病院を去りたくなかったくらい良くしてくれた。出産には3人のナースとドクターがついていてくれ、長時間に渡る出産に忍耐強く付き合ってくれたのには本当に感謝している。病院に妊婦が私1人だった事で(入院患者も私だけだったかも。)スタッフがつきっきりになってくれたのだ。小さな町の病院で不安もあったけど、今思えばこんなにしっかりケアしてもらえたのはこの病院だったからなのだ。

この病院で出産したのも何かの縁なのかもしれない。
[PR]
 
by tinainus | 2008-10-08 08:52 | 出産
【私の出産 1】
↓1日1クリック、ランキング応援してもらえると嬉しいです♪


やっとブログをアップする時間を見つけた。

コメントくれた皆さん、お返事遅れてしまってごめんなさい!この2週間は体調がなかなか整わずに、なるべくベッドで休むようにしていたんだけれど、我が子はCRYベイビーな上、授乳間隔も短くてなかなかリカバリーする事ができなかった~。

【忘れないうちに出産の様子をアップ。】

9月18日 午後2時半頃、おしるし発生。突然の出来事に頭が一瞬真っ白になったが、すぐにクリニックに電話を入れる。→今から来て下さいとの事で仕度をして夫の迎えを待つがまだ何か流れてくるような感覚があったので一応猫のポーズ(破水時にこうするといいらしい。)をしておいた。

クリニックでは私のドクターはお休みだったので他のドクターに内診してもらった。
何をしていたのか全く見えなかったけど、突然ドクターとナースの「OH---!」という声と共に羊水がパシャ!っと出たのがわかった。「破水してたわ。子宮口は閉まってます。」「私の住んでた場所では破水の場合すぐ入院するんだけど、ここでは帰ってもいいとの事らしいので注意事項を書いておくわね。」とノートをもらってひとまず帰る。

その夜はダイナーでテイクアウトして、家族に電話を入れ、入院バッグを仕上げて早めにベッドに入った。1時間をちょっと過ぎた頃から陣痛を感じ出した・・・。夫を起こす前にとりあえず間隔を測ってみた。7分間隔。一時間後には4~5分間隔になったので夫を起こして病院へ向かう。ほぼ0時!これがせめて朝方だったらどんなに楽だったか。
すぐに部屋に通されて、NST(心音と陣痛の度合いがわかる)機械を取り付ける。しばらくして私のドクターが来て内診。確か・・・この時3cmだったかな。休んでね、と言われても休めないので徹夜状態になってしまった。早朝の内診では子宮口5cm。

ここでナースに「麻酔についてはどうする?」と聞かれたので「なるべく自然分娩でがんばりたいけど、自信がないので一応チョイスを残しておきたい。」と伝えた。

痛みの感覚が3分間隔くらいになってきて痛みも疲れもがものすごく増してきた。何か傷みを和らげるものが欲しいと頼むとDemerolという初期陣痛に適す鎮痛・鎮静剤を入れてもらった。「筋肉をリラックスさせるので少し眠れるかも。」とナースに言われたがその通り。初めのうちはウトウトすることもでき、気分も楽になった。が・・・2時間程で切れてしまい、痛みが再発。そのうち促進剤を入れられ、痛みも倍増する。Demerolを追加したけどもう効かなくなっていた。それはそうよね、初期陣痛用なんだから!促進剤による陣痛の増し加減に耐えられずにエピデュラルを頼むと・・「もう子宮口が8cmだから出産までに効果が間に合わない」と言われてしまう。ええええ!!

13時前には10cm+子宮口少し残りという状態になっていた私だが、結果的にここからいきみが始まる18時まで同じ状態のままだった。陣痛は2~3分間隔と短く、痛み止めもなかったために生き地獄を感じた。モニターチェックをするのに何時間も隣に座ってくれていた新米ナースさんに、なぜドクターが来ないのか・・ 痛くて耐えられない・・などと言って困らせていた私(汗)。疲れて簡易ベッドで眠ったり、私がのた打ち回っているのを見るのに限界でSeinfeld(コメディードラマ)をつけたりする夫に切れたりと極度のストレスに直面した時間。

18時、状態が変わらないのでプッシュもできない。
15時あたりからもう耐えられずに少しいきみ始めていたけど・・・。
ここでトイレに行くことにした。陣痛間隔はもう2分もない。トイレにたどり着くまでに陣痛2回。子宮口10cmの状態で立ったまま陣痛を感じたことのある人?確実に普通の陣痛の2,3倍は痛いよね?まともに用も済ませられない。今度はベッドに戻りたいんだけど、立ち上がったらまた陣痛!すごく大きい!何者かに憑依されたかのように大きな声が出る。自分の意思ではなくて勝手に声が出ている感じ。ドクターやナースがやってきて「トイレに立ったのが効いたんだわ、きっと!」「もうここで産まれてもキャッチするからもう何回か陣痛を待ちましょう。」と手袋をしてトイレに入ってくる。(今じゃギャグだわ、これ。)トイレで産むなんて嫌だし、大体痛すぎて立っていられない!一回だけ陣痛を待って、ベッドにできるだけ早く戻った。ここからはベッドの上でいきみ開始。陣痛は3段シフトのようだった。もう自分でいきんでいない。陣痛に体がいきまされているのだ。痛みで呼吸ができないし、次の陣痛が恐ろしいったら!この後、促進剤をバンバン上げられて更に痛みが強くなっていった。意識が飛ぶ。うわ言も言っていたと思う。夫のアイデアでベッドにバーを取り付けられ、また立たされた。夫よ、私の痛みがわからないのですか?立つのは本当に痛いんですが。とはいえ、もうこれ以上痛みに耐えられなかった。終わりにしたかったのでがんばって立った。耐えられたのは陣痛2回分のみ。もう一度立って、とか歩くといい、とか言っている人誰?!(怒)最後はベッドでプッシュ。何度もプッシュ。ベビーの頭が出てきている様子が見えるように鏡を置いてくれた。もう少し。熱い感覚と周りの歓声と共に何かが出てきた。

すぐに胸に乗せられた紫色のヌルヌルしたもの。
頭が真っ白で何かわからなかったのだ。

やっと泣き声が耳に入ってきて、出産が終わった事に気づく。
9ヶ月間お腹の中にいた我が子との初対面はほんわりしたものだった。
HELLO, MY BABY. I LOVE YOU.

この間にドクターは傷を縫っていたらしい。
ベビはきれいにしてもらって、体重を測ってもらったりして透明プラスティックのバシネットに入ってやってきた。病室で寝るのだ。私は出産時に子宮の戻りが悪く、大量出血してしまった為ナースに1人で立たないようにと言われていた。この夜はナースコールブザーが1m後ろにあることも、呼んでも夫が起きてくれない事も知らずに眠りにつく。

続く。
[PR]
 
by tinainus | 2008-10-04 14:08 | 出産